225先物取引の裁定取引とは何なのでしょうか?

質問

225先物取引で裁定取引という言葉を見ました。裁定取引というのは、どういったものなのでしょうか。
裁定取引について、詳しく教えてください。

答え

225先物取引の裁定取引


裁定取引という言葉は、あまり聞かれたことは無いのではないでしょうか。
それほど頻繁に出てくる言葉ではありませんが、覚えておくと良いでしょう。
裁定取引というのは、サヤ取引やアービトラージとも呼ばれている投資方法のひとつです。
裁定取引には利益が少ないのですが、リスクも少ないという特徴があります。
取引方法としては、売りと買いを同時に仕掛けることで利益を出すというものです。
本来あるべき理論価格から乖離している場合に割安になっているものを買い、割高になっているものを売ることでもとの理論価格に戻った際に利益を獲得する手法です。
裁定取引には、色々と種類があるので一通りは勉強しておくようにしましょう。
サヤ取引のサヤという言葉がどうして使われているのか、気にならないでしょうか。
このサヤというのは、それぞれの利率と価格の差を指すのだそうです。
裁定取引というのは、簡単でも良いので覚えておいて損はありません。

225先物取引のベーシス取引


色々とある裁定取引の中には、ベーシス取引と呼ばれる取引があります。
このベーシス取引というのは、現物価格と先物価格の価格差を利用して利益を出すというものになります。
ベーシス取引は、この先物価格と理論価格の価格差がある一定の基準になった場合に行われます。
その時に割高側を売りつけ、割安側を買い付けるという行為を行います。
ベーシス取引は裁定取引の中でも、最もメジャーな取引であると言えます。
こういった裁定取引をきちんと理解した上で、225先物取引を行うようにしましょう。

フィード