225先物取引の証拠金の追加について教えて下さい

質問

225先物取引において証拠金の追加というものがありますが、それについて詳しく教えて下さい。
証拠金の追加とは、どのようなものなのでしょうか。よろしくお願いします。

答え

225先物取引の証拠金の追加


225先物取引では、証拠金を用いて取引を行なうことになっています。
その際に現金を使用することはなく、この証拠金によって取引が行なわれることとなります。
この証拠金というのは、証券会社に預けておきます。
この現金で預けないということが、225先物取引の特徴でもあります。
ですがこの証券会社に預けておいた証拠金というのは、予測できない急な変動などによって足らなくなるという場合もあります。
そういった場合には、証拠金の追加を行わなければなりません。
ですがこの時の証拠金の追加というのは、現金で預けなければならないのです。
225先物取引にとっては、この現金で預けるということがリスクといっても良いかもしれませんね。
この証拠金をどの程度預けなければならないのかといったようなことは、証券会社が決めることになっています。
特徴がリスクに変わってしまうことにもなりかねませんので、225先物取引では証拠金に注意しなければなりません。

225先物取引のリスク


ではこの証拠金の追加を行わなかった場合には、どのようになってしまうのでしょうか。
最終的には、損失を抱えたままの状態で決済されるということになります。
急な変動に対処することが出来るようにしておく必要があります。
証拠金を余裕を持って預けておくか、もしくは、追加出来る証拠金を用意しておくといったようなことです。
225先物取引に限らず、ある程度の余裕を持って取引を行なうということが大切です。
225先物取引では、証拠金を準備することでリスクも最小限に抑えることが可能となってきます。

フィード