225先物取引と証拠金の関係について

質問

225先物取引では証拠金が必要となりますが、225先物取引と証拠金の関係について教えて下さい。
225先物取引では、証拠金がどのような役割を担っているのでしょうか?

答え

225先物取引と証拠金


225先物取引において、証拠金というのは欠かせないものです。
まず証拠金というのは取引を行なうにあたって証券会社に預けるものですが、いわゆる保証金と考えて下さい。
その方がわかりやすいのではないでしょうか。
225先物取引では小額の資金で取引を行なうことが出来ますが、証拠金との関係というのはきちんと理解しておくようにしましょう。
証券会社が行う証拠金の算出に関しては、「スパン」と呼ばれるものによって決定されます。
このスパンというのは、証券会社が証拠金を算出する仕組みを言います。
建玉のリスクの大きさによって、出された保証金を計算することになります。
ですが、それ以上の差し入れを求めることになっています。

225先物取引の証拠金とプライスキャンレンジ


225先物取引では「プライスキャンレンジ」という言葉が出てきますが、これは一言で言うと最低基準額ということになります。
これは、単一限月での売りや買いに対して必要となってくるものです。
プライスキャンレンジの決め方には、きちんとした算出方法があります。
ポジションを保有したり複数の限月の場合などでは、必要な金額の増減が起こることになります。
インターネットの専門サイトなどには、詳しく計算方法が載っているものがあります。
一度は、こういったサイトを参考にして勉強してみるのも良いのではないでしょうか。
きちんと図式などで丁寧に解説しているサイトは、とても解りやすく参考になります。
プライスキャンレンジに関しては、覚えておくようにしましょう。

フィード