225先物取引と日経平均株価の関係について教えて

質問

225先物取引と日経平均株価の関係について詳しく教えてください。
日経平均株価についても詳しく知りたいのですが、よろしくお願いします。

答え

225先物取引と日経平均株価


225先物取引と日経平均株価には、とても深い関係があります。
それは225先物取引を行なうにあたって、日経平均株価というのは欠かせないものとなっています。
日経平均株価の動向を見ながら、取引の売りや買いを決定しなければならないからです。
その他には、株式投資のように面倒な銘柄選択などは必要ありません。
この日経平均株価のみを意識して取引を行うようにしましょう。
225先物取引の特徴としては、この日経平均株価の1000倍もの取引が出来るということです。
ですが現金を用意する必要はなく、証拠金によって取引されます。
たとえ資金が少ないとしても、大きな取引が出来るというのが225先物取引というわけです。

225先物取引の信用


225先物取引と株式投資というのは、似ているようで異なります。
どちらにも共通していることは、信用を取引するという点ではないでしょうか。
225先物取引では相場が下落したいたとしても、売りからスタートすることが出来るので利益を出すことが出来るのです。
金利や賃株料などが発生することもありません。
銘柄選択することがないので、倒産などの大きなリスクを背負うということもありません。
それは投資の対象としているのが、株価指数だからです。
信用によって取引が行なわれている225先物取引では、現金を使用しないというのも大きな特徴です。
こういった特徴はメリットにもなるので、特徴を生かして225先物取引を行なうようにしましょう。

フィード